自分の”正”と他人の”正”は決してイコールではないという事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の”正”と他人の”正”は決してイコールではないという事

先日のサロンワーク終わって

img_2601.jpg

あ、どうも「マスクデカスギマン」です。

img_2603.jpg

久々に西宮北口という地へ

img_2606.jpg

この日のお相手は同級生の友人

17年を経て学生時代の友人たちに会って考えた事
17年を経て学生時代の友人たちに会って考えた事 先日のサロンワーク後 都会大阪へ しか...
今田
2週間ぶりか。

お互いサロンをしていて想う事や、これからの将来的にどうしていくか?とかそういう話も交えながら。

 自分が「正しい」って思う事も人からしたら「そうでもない」

まぁ話の中で出てきたことなんですけどね。

良くある話かとは思うのですが、僕としては「どっちでもいい」という事の方が多くて

「ん?いいんじゃないそれで」とか思う事が多く。

僕自身色々な物ごとにおいて「正しい」とか「間違い」とかいうのはあんまり決めていなくて

もちろん一般常識の中での間違いや正解という事は最低限理解しているという前提で。

関係や立場がフラットな状態の中での

「自分はこう思っているからお前は間違っている」
「いやいやおかしいのはお前の方だよ」

というのが何とも不毛で不建設的にしか思えなくて

それぞれが”自分の正義”みたいな物が大切で、僕はそれを否定もしないし、むしろどっちも肯定しちゃうんですよね。

「どっちつかず」と言われたらそうなのかもしれないけど、自分にはそれなりに自分の信念みたいなものはあって、わざわざそれを「正しい」というほどの事でもないし。

「あ~なるほど。そういう考えもあるのね」としか思えない体質なので。

基本的に“自分に無いものを持っている人”、“自分に出来ない事が出来る人”っていうのは単純に「凄いな」と思うし、それは関係が上でも下でも横でも同じで。

まぁそんな感じで尊重し合える仲間に出会えて良かったですね(^^)

にしても

img_2605.jpg

飯食う前に551渡されるとは。

大阪やと普通なんやろうか・・・

Ciel Hairdesignホームページはこちら

友だち追加数


←友達申請お気軽に☆

instagram-bann

←お気軽にフォローしてください☆

←いいねお願いします☆

この記事を書いた人

今田 亮Ciel HairDesign 代表Twitter:@118rryyoo
宝塚市の美容室、「CielHairdesign(シエルヘアーデザイン)」代表。
【髪美しく、人美しく、心美しく】をコンセプトに、ナチュラルなテイストを中心に、その人の持つ潜在的な可愛さや美しさを引き出せるようにしています。
作りこみすぎない、「自分らしいオシャレ」を楽しみたい方は是非ご相談くださいませ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク