「美容師」と「仕事」への誇りみたいな物と価値という話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「美容師」と「仕事」への誇りみたいな物と価値という話

宝塚CielHairdesign代表今田です。

久々に真面目に書きました。

img_1733.jpg

先日毎日のように頑張っているうちのイケメンにこういう話をしました。

「どれくらい自分の仕事に誇りや価値を感じているのか?」

誇りと言えば少し大げさなのかもしれないが、今回彼が取り組んでいる“ヘアスタイル撮影”という事にフォーカスしてみた時の話をしてみた

美容師ではない方には“撮影”といっても少し分かりにくいと思います。

「イメージに合ったモデルにオファーをして、カットやカラーを施し(しない場合もある)、髪をスタイリングした後にカメラで撮る」

分かりやすく言うとこんな感じ。

DSC05036

ただその中に、髪の奥行や広がり、動き、カラー、ファッションやメイクも含めたテイストといった、写真として表現力を高めるために色々な工夫をしたりする。

その色々な工夫は決して一朝一夕で得られるものではなくて、自分自身数年の「時間」、勉強するための「お金」、人との「繋がり」

dsc04596.jpg

色んな投資をしてきてやっと今に至るし、まだまだこれからだと思っている。

今回はうちのイケメンが頑張っている“ヘアスタイル撮影”にフォーカスしているが、
自分が身に付けてきた知識や技術、全てに同じことが言える。

自分は色々な人の技術や知識を時間とお金をかけて学び、そこから自分なりに工夫して何度も何度も失敗を繰り返し、自分の物として昇華しているつもり。

 だから僕は「簡単には教えない」

それはケチとかそういう事では無くて、自分が費やしてきた「物」にも「時間」にも「人」にも感謝と誇りを持っているからでもあり、教える側にも教わる側にも“価値”がないから、そうやすやすと「はいはい」と教えるものではないと思っている。
にも関わらず面識もないのに「これどうやってるか教えてください」とかいう人もいる(同業)
「この人バカかな?」と思ってる正直。
友人が「そんな簡単に缶ジュースみたいに出てくる自動販売機ちゃいまっせ」と言っていたが
その通りだと思う。

「ケチ!」と言われてもそれはそれでいいし、そういう人は身には付かないと思う。

もちろんスタッフには教えますよ(笑)

お客様にも自分の持てるもの全て惜しみなくお伝えします。
だってそのためだもの。

何かに特化した同業の方で「このカットはこう切っています」「このカラーはこうやっています」というのをパブリックな場であまり見たことがない
敢えてお客様向けに書くことはある

dsc04534.jpg

多分だけど、その方々も色々な努力をし、時間を費やし、たどり着いた「誇り」みたいなものを持っているからだと思う。

もしくはパブリックな場で大っぴらにされている方は多分神の領域までたどり着いた方なのだろうと。

※あくまで自分の見解です

彼の作る作品の中には、シエルのサロンイメージもあり、その中には自分が惜しげもなく教えた技術もあり、更にその中には僕が数年かけて学んだ方々の技術や知識がふんだんに盛り込まれている。

それを数カ月で得ているのだ。

そこに対して「プライド持てよ」というのも難しいのだろうが、
そういう所まで考えることが出来たらまた一つ大きな成長に繋がるのだろうな。

そんな話をした。

 その努力というのは何のためか

とまぁ、そんな話をしていて、自分の事も考えることが出来た

僕が美容師として努力をするのは、他の美容師のためでもなく、スタッフのためでもなく(少しはあるかな)、自分とサロンを応援してくださるお客様のため。
それ以外には理由がない。

dsc04146.jpg
自分を応援して下さる方がいるから、美容師としてもっと成長していきたいし、そうすることでお客様が綺麗で可愛くなってくれたら1番いい。
だから頑張る。

感覚的には「美容師」「仕事」というのは分けていて、「美容師」というのはあくまで対お客様という感覚で、技術だったり接客だったりそういう部分で、

「仕事」というのは、雑務的な部分だったり、ビジネス的な感覚。

だから「仕事」を頑張るのは自分の身の回りの人達のため。

img_1477.jpg
1番は家族のため。あとは2番も3番もないスタッフとサロンのため。

どちらも試行錯誤して頑張る。

「オレ頑張ってる」という感覚が無い。
というと嘘っぽいからちょっとある(笑)
いやむしろめっちゃある

でも努力は他人から評価されて初めて認められるものだと思っている。

だから「頑張ってるね」って言われていない僕は頑張っていないんだと思ってる

誇りやプライドなんてクソの役にも立たないけど、かといって無くしてしまうのも
自分が無くなりそうなのでバランスが大切なんでしょうね。

塊にだけはならないように精進してまいります。

Ciel Hairdesignホームページはこちら

友だち追加数


←友達申請お気軽に☆

instagram-bann

←お気軽にフォローしてください☆

←いいねお願いします☆

この記事を書いた人

今田 亮Ciel HairDesign 代表Twitter:@118rryyoo
宝塚市の美容室、「CielHairdesign(シエルヘアーデザイン)」代表。
【髪美しく、人美しく、心美しく】をコンセプトに、ナチュラルなテイストを中心に、その人の持つ潜在的な可愛さや美しさを引き出せるようにしています。
作りこみすぎない、「自分らしいオシャレ」を楽しみたい方は是非ご相談くださいませ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク