【知っているようで知らない】シャンプー選びについて

スポンサーリンク

この前、軽くシリコンについて書いたのですが、割とお客様見てらっしゃるんですね(笑)

「ブログ見ました!参考になりました~♪」

って。嬉しいですね!でも、正直ハードル上がってきちゃいましたねw

では引き続き・・・

「結局何を基準に選べばいいの?」

ってお話ですよね。

僕は個人的に、あくまで個人の知識と経験の上でのお話ですが

界面活性剤の差

でシャンプーはオススメしています。シリコンだろうがノンシリコンだろうが正直どっちでもいいです。ただ、以前お話ししたようにコーティング剤の種類には注意が必要。

簡単に書くと

パブリック→石油系界面活性剤(洗浄力 強)
といっても現在では植物由来のものも多い

サロン→アミノ酸系界面活性剤(洗浄力 弱というか優しい)

成分とか書き出すときりがないので、そういうことです。

市販のシャンプーに多い割合で含まれている「ラウリル硫酸Na」 「ラウリル硫酸カリウム」 「ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩」 などは、コストを安く抑えられ、かつ強力な洗浄力を持っている成分です。市販品のシャンプーはほぼそういう構成です。
書いてる(笑)

ドラッグストアやコンビニって、新商品や定番商品、毎日使うヘアケア商品も手軽に買えて便利ですよね。でも、市販のヘアケア商品と美容室で扱っている商品では目的が違います。

特にシャンプーでは活性剤・洗浄成分が違います。

市販の商品の特徴は、泡立ちがよくて洗浄力も強く、コンディショニング成分をたっぷり配合しています。指どおりがよくて洗いやすいですが、すすぎが悪いと髪や地肌にシャンプー成分が残り、かゆみや汚れの原因になることがあります。

対して美容室専売品は、低刺激の洗浄成分でつくられていることが多く、髪にやさしいけれど、しっかり洗い上げます。

また、pHコントロール、褪色防止、アミノ酸やタンパク質の補給効果などなど、カラーやパーマをきれいに保つための役割があるのです。

なぜ美容室のシャンプーは高いのか?

単純に原料が高い。手間暇がかかっているからです。

女性ならおわかりでしょうが、スキンケアにしたって、肌に合わないとよくないですよね?

「安いからダメ。高いからイイ。」 

といったことではないわけです。

僕たち美容師は毎日皆さんの髪をチェックできません。だからサロンでの施術内容や髪の状態にあわせて、ヘアケアをアドバイス&セレクトしておすすめするのが美容師の使命なのです。 次回お会いするときまで、いいコンディションでいてほしいですもんね。

きれいな髪でいるために、一番大切なことは毎日のヘアケアなのです。というお話でした。

ちなみに僕が愛用しているのは

t02200280_0330042013088712422
アジュバン『Re:エミサリーシャンプー&トリートメント』

【特徴】興味のある方は読んでください(笑)

ベースはベタイン、スルホコハク酸、ラウレス-4酢酸(酸性石けん)となっており、
洗浄力がややメインとなってしっとり感を伴うという処方です。

ラウロイルアスパラギン酸Naがアミノ酸洗浄剤として添加されてしっとり感。
グリチルリチン酸2Kは抗炎症成分。
エキス類がかなり多く含まれますが、特徴的なところでは天然モルヒネ効果と言われているフランスラベンダーエキス、テアニンが頭皮環境改善効果をもたらします。

以下アミノ酸、糖類、保湿系エキスを多種配合。

全体を通して、頭皮環境改善をメインとして構成されており、他にはない特徴=βエンドルフィン系エキスなどによる自然に汚れを浮き上がらせ頭皮に負担をかけない作用があります。
◇フランスラベンダーエキス、テアニン(リラックス効果により毛穴を開きます。

◇スルホコハク酸・アミノ酸系洗浄成分(やさしい洗浄成分)

何を選ぶのかは皆さんの自由です。

ヘアケアにお悩みの方は是非ご相談下さい♪

続く。。。(かもしれない)

では。

Ciel Hairdesignホームページはこちら

友だち追加数


←友達申請お気軽に☆

instagram-bann

←お気軽にフォローしてください☆

←いいねお願いします☆

この記事を書いた人

今田 亮Ciel HairDesign 代表Twitter:@118rryyoo
宝塚市の美容室、「CielHairdesign(シエルヘアーデザイン)」代表。
【髪美しく、人美しく、心美しく】をコンセプトに、ナチュラルなテイストを中心に、その人の持つ潜在的な可愛さや美しさを引き出せるようにしています。
作りこみすぎない、「自分らしいオシャレ」を楽しみたい方は是非ご相談くださいませ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク