ホームカラーってどうなの?

皆さんこんにちは。
サラジュ逆瀬川店今田です。
さて、本日は「ホームカラーについて」です。
ホームカラーはしたらアカンのか?
「しない方がいい」
というのが美容師である僕の答えです。
では、ナゼか?という話になるわけですが。というか美容師に聞けば当たり前のような解答です。
1、単純に傷む、塗り分け出来ない

o0800045013198755542

髪は弱酸性です。対してヘアカラーはアルカリ性です。
そのアルカリの力を利用して健康な根本の部分へカラーを浸透させていきます。
髪全体を明るくしたい!という時以外は毛先への負担を極力無くすために、毛先に使うヘアカラーは優しい物を使います。

しかしながら、市販で売られているヘアカラー剤は一種類しかないですよね?
なので、根本に付ける薬(パワーのあるもの)を毛先に付けざるを得ない。
結果必要の無いダメージが起こります。
繰り返せば繰り返すほど、毛先へのダメージは蓄積され。。。チーンです。

2、薬の内容が違う

o0720128013198755548

アルカリ性と書きましたが、カラー剤がアルカリ性ということは「アルカリ剤」というものが含まれています。

サロンのカラーはそのアルカリ剤に「アンモニア」を使っています(全てがそうではないですが)
特徴としてツーンとした匂いがします。揮発性なので、カラーしながらもアルカリが蒸発していくイメージです。

対して、市販で売られているヘアカラー剤は「モノエタノールアミン」を使用しています(これも全てがそうではないです)
特徴として揮発しにくい。
つまり髪に残りやすいということです。
弱酸性の髪にアルカリ性の物が残り続けるということは、「キューティクル開きっぱなし」になるわけです。

そうすると髪の保湿性分やたんぱく質などは流れ続け、やがて無くなります。
ツヤもなく、バサバサの髪に一直線ですね。残念です。

3、適切な処理が出来ない

o0800045013198755554

当然サロンカラーが傷まないかと言われたらそうではないですが、必要な処理や、家庭では不可能なヘアケアをすることでカラーダメージを0にすることは可能です。
ですが御家庭ではまず無理です。
アルカリ性に偏った髪を弱酸性に戻していき、キューティクルを優しく優しく閉じていく。
この作業は御家庭ではほぼ不可能でしょう。
ダラダラと書きましたが、

ホームカラーはしない方がいい

ですが、色んな生活環境もありますので「しょーがない!」というのも否めません。

キレイに髪を伸ばしたい

色んなカラーを楽しみたい

いつもキレイな髪でいたい

そんな方は避けるべきでしょう。

ヘアケアについても是非御相談ください♪
ではー!

Ciel Hairdesignホームページはこちら

友だち追加数


←友達申請お気軽に☆

instagram-bann

←お気軽にフォローしてください☆

←いいねお願いします☆

この記事を書いた人

今田 亮Ciel HairDesign 代表Twitter:@118rryyoo
宝塚市の美容室、「CielHairdesign(シエルヘアーデザイン)」代表。
【髪美しく、人美しく、心美しく】をコンセプトに、ナチュラルなテイストを中心に、その人の持つ潜在的な可愛さや美しさを引き出せるようにしています。
作りこみすぎない、「自分らしいオシャレ」を楽しみたい方は是非ご相談くださいませ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク